セラピストとして生きていく!!!

セラピストの仕事で気づいたこと

私がセラピストになったきっかけ

初めまして

セラピストしてます!

このブログはセラピストの仕事を通して気づいたことや日々思うことを載せていきますので、読んでいただけたら嬉しいです^_^

 

どうしてセラピストになったか

今までリラクゼーションの仕事とは無縁だった私。

マッサージされるのは好きだけど、

まさか自分が人にしてあげることになるなんて自分でもビックリ‼️

 
強いて言えば、幼い頃お母さんに言われていやいや揉んでたくらい笑笑

 

そんな私がセラピストの世界に足を踏み入れたのは

1年前、飲食店キッチンアルバイトしてた時のこと。

いきなり主人がノロ疑惑で(結果は陰性でしたが😅)10日間アルバイトに行けなくなり、たまたま同時期、友達のセラピストの子に

 

「やってみたら?」

 

と言われたのをきっかけにセラピストの道に足を踏み入れました‼︎

 

某揉みほぐし店の研修は、その当時2ヶ月以上卒業までにかかるようなら面接で断るというスタンスでした。

 

今まで何かしらの会社(アルバイトでも社員でも)に所属していた私は、

全く仕事をゼロにして何かを学ぶ❗️

なんて気持ちは全く無かったので(笑)

 

アルバイト10日間の休みがなかったら面接で断られていたでしょうね( ˆ꒳​ˆ; )

 

研修はじめは…

 

ありえないくらいの激痛:(;゙゚'ω゚'):

 

親指に全体重かけるなんて…

そりゃぁ痛いですよね…

 

ガッチリした下半身🦵の割にキャシャな腕と手首の私は、腕で自分の体重を支えられず、腕、手首プルプル状態(*_*)

 

産まれたてのヤギ🐐やなぁ

と毎日言われながら笑

 

卒業できるのかなぁ…

自分だけ卒業出来ないかも…

こんなに痛くてこの先大丈夫かなぁ…

 

研修が進むにつれて手首の痛みも親指の痛みも気にならなくなり、それからは前向きに研修に取り組みました。

 

身体的にはかなりキツかったけど、結婚して子どもを産んでからまた学生時代に戻ったように気の合う仲間と優しい先生と過ごせたのはは、いい思い出です^ ^

 

楽しかった研修も終わりが近づき

最後の日、

 

開業届の書類を書く!

まさか自分の人生で

開業することになるとは…(・ω・)

 

こうしてセラピストとしての人生が始まったのでした。